FC2ブログ

*オリーブ製のサイド・カッティングボードは私にとって必要不可欠!? 

manaita2.jpg
■ FRANCE BERARD社1892年創業 / 縦13.5cm / ハンドル付Cutting board /オリーブウッド/ MADE in TUNISIA ■

南仏では古くなったオリーブの木はどんなちいさな木切れでも最後まで使うそうです。手彫りのバターナイフ、さじなど使いやすく手になじむ物が多い、このように曲がりくねった木目が特徴です。

このくらいの小さいまな板はちょっとしたレモンとかピクルス、ゆで卵など切るのに重宝です。美しいまな板はチーズを載せて直接テーブルに持って行っても、OK ☆

もちろん使う前には水にくぐらせ、終わった後、通気のよいところで飾っておきましょう!
トキドキはオリーブオイルで磨いてあげると喜ぶように色が深まり、愛着が増ます。
かわいい~~~♪

スポンサーサイト



*アラビアのカッティングボード(陶器)いいっすよ♪ 

cut-board.jpg
■ Finland/ARABIA社1873年創業 / Valencia / 陶器のカッティングボード♪ ■

フィンランドの食器と言えば!☆  ア・ラ・ビ・ア。
特にうらの表示が手書きのヴィンテージものが好き。60年代のものかな。
チーズをのせテーブルに!お~~ ウキウキです。
手書きの濃いブルーの花柄は大胆。北欧のテキスタイルはほんとに素敵☆
持ち手部分のデザインも憎いですわあ。
これもcollex店で購入したんだけど、
先日ビームスのガラスケース内に発見!3倍の価格でした。たっけぇ~!!!

*自慢☆美しい~まな板です。 

manaita1_20081221222523.jpg
■ メープルの木で作られてるアメリカ製のCUTTING BOAED ■

これを手に入れたのは神戸のeveryday by collex 北欧キッチンウエアなど揃っているお店です。木の肌触りとピタパンみたいな丸みに一目惚れ!少し高かったので、どうしようってしばし見つめてました。でも購入して3年くらいかな、こんなに満足感のまな板はありません!
決して肉魚には使いませんよぉ~
使う前に水にくぐらせると、ほのかにオリーブの香りに最初はどこから香るのかキョロキョロしちゃいました。
今ではTV見ながらオリーブオイルで磨いています。磨くまな板聞いたこと無いって友人は言いますぅ~
おしゃれな雑誌に時々出てると友人に報告♪いいでしょう~まな板自慢です!